北海道・洞爺湖 雪国の暮らし 除雪のこと

LIFE / 2018.12.30

こんばんわ。

 

走りに走った12月。 全国的に雪が降っているようですね。 年末付近は毎年荒れますねー

 

今日は、洞爺村から車で20分、ルスツスキー場へ初滑り&滑り納めをしてきました。 スノーボーダー的には、山に降るたくさんの雪は大歓迎!ウェルカム!嬉しいものです。

 

 

楽しかったですねー そんな楽しみを与えてくれる雪なのですが、それだけではない。 北国、北海道で暮らすとなると、ひとたび雪が降れば、避けては通れないのが「除雪」 なんですよねー

 

山にだけ降ればいいのにーなんて思ってしまう、なかなかの重労働。 文字通り雪を除く、生産性もないし、時間も取られます。

 

今宵はそんな北国暮らしの日常を少しばかし。 移住者的には非日常的な行為も、まー毎日毎日降るもんやから日常になりますよね・・・笑

 

雪のある暮らし

朝起きてカーテンを開くとモサっと。モサモサですわ。

 

 

数日前の写真ですが、年末よく降ります。 毎朝こんな感じで積もっています。

 

 

振ったもんは、除けるしかありません。 そう、それは自然の摂理。 それは北国の日常なのです。



Sponsored Link

 

雪かき道具三種の神器

まずは、何はなくとも、こちら↓

 

ママさんダンプ 通称「ママだん」

 

調べてみると、ママでも楽々雪かきできるとの触れ込みw

 

ママダン、真っ赤なボディーのやつがメジャーなんです

 

これね↓

 

 

ホームセンターでもよく見るメジャーなレッドボディー でもね、全部プラやからハードに使うと結構・・・

 

なんで、我が家は少し値段は張りますが全部ステンのやつをチョイスしました。

 

そしてお次は、こちら↓

 

 

カッターラッセル!って言うんですねw 初めて知りましたが、ブルドーザーのごとく、雪を押してまとめるのに重宝しています。

 

 

そして、これ↓ どか雪では歯向かえませんが、さらっと降った雪をさっと投げるのに。

 

 

そしてこれ↓ 剣先スコップと平スコップ。 固い氷や固まった雪を砕くのに。 安定の金象印!

 

 

 

さあ! 雪をかく!

さきほど名前を知ったカッターラッセルで雪を押し集めます!

 

 

押しまとめ積み上げた雪山に「ママダン」を押し込んで

 

 

モリモリ

 

 

ずるずると押し、捨てます。 うちは目の前が湖畔なので雪は捨て放題。 無駄に絶景な雪捨て場・・・笑

 

 

繰り返すこと数十回。 極寒、マイナス、氷点下の世界ですが、雪を集め、雪をダンプにのせ、雪を捨てるのを繰り返しているとポカポカしてきます。

 

鉄則としては、朝一にやる! ということ。 朝一の降りたての雪ってふわっと軽いんですよ。 日中に少し気温が緩むと、雪も水分を含んで重くなります。 そうなると、なかなかの重労働に。

 

家の場所によっては、ご近所と隣接しているとか、雪捨て用の排水口に捨てなきゃいけないとか、地域によっては苦労があると聞きますが、我が家の場合、雪は捨て放題。 大変ではありますが、ある程度はノーストレスでやっています。

 

雪かきbefore afte

てなもんで、before

 

 

after 車は少し面倒で残し気味・・・

 

 

before

 

 

after スッキリですね。

 



Sponsored Link

 

最後に・・・

北海道、北国での暮らし、雪国での暮らし、移住するまでは想像もつきませんでした。

 

アパートや社宅で暮らしていた時は、駐車場に重機で除雪に入ってくれたり、屋根があったり、ロードヒーティングがかかっていたりと、特に不便はなく。

 

洞爺へ引っ越しをして、一軒家に住むとなり、「雪かき」に直面しましたが、まあまあ何とかなるもんです。 言うても「雪を除く」だけですから。

 

洞爺湖へ移住する前に検討をした、雪山付近の暮らし。 ニセコ、倶知安、真狩、留寿都などなど。 世界的なスキー場があるエリアだけあって、ひと晩で洞爺とは比べ物にならないくらい雪が積もります。

 

そのエリアに暮らしている友人は、手押しの除雪機を買ったとか、除雪を外注していると聞きます。 なんせ、除雪をしても、雪を捨てる場所がなくなって、どんどん積み上がっていくから。 それと比べると、洞爺の除雪は人力でやり切れますし、チョロいもんです。

 

逆に、同じ北海道、道南の室蘭や伊達では、洞爺湖でもっさり雪が降った日でも全く雪がなかったり。 車で1時間圏内のエリアでも、雪が降らなかったり、雪がもりもり降ったりと、大きな違いです。

 

湖も山も海も雪山も好きな私的には、非常に過ごしやすい洞爺湖。 北海道への移住を考えている方は、夏、冬、色々なバランスを見て、よりよいエリアを選んでいただきたいですね。

 

北海道に生まれ育った人には、当たり前、もうウンザリ、という話題ですが、台湾や東南アジアからの旅行者は雪景色を見る為に冬の北海道へ旅行をされています。 それだけ雪って特別なもの。

 

私も、冬の景色とっても好きです。 空気中の色々なものが雪とともに振り落ち、とっても空気がすんでいます。 バシッと張り詰めた空気、真っ白な景色、癒されます。

 

 

始まったばかりの冬。 雪と付き合いながら、楽しく過ごしていきたいですね。 2018年も明日で終わり。 今年は色々な方にお世話になりました。 ほんとうにありがとうございます。

 

来年2019年1/12(土)からチャシバクドーナツが再開し冬期間は土日祝営業をします。 そして、1/18(金)~20(日)の3日間はチャシバクINNにて初のイベントを行います。 →詳しくはこちら

 

宿は冬期休業中ですが、冬の洞爺湖でモリモリやっています! 来年もどうぞよろしくお願い致します。 それでは皆さまよいお年を~



Sponsored Link

New Posts
LIFE / 2019.02.04
北海道・洞爺湖暮らし ニシン漬けを作った話
FUN / 2019.01.29
「ゴロゴロゴロ 冬のトーヤの小さな宿で」イベント後記
LIFE / 2018.12.30
北海道・洞爺湖 雪国の暮らし 除雪のこと