北海道・洞爺湖 雪国の暮らし スノーブーツを買う

LIFE / 2018.12.15

こんばんは。12月も折り返しですね。

 

ついこの間、12月になりました、師走ですねー、走ってますー なんて言っていたら、もう半分。ほんとに早いです。 あっという間に2019年になりそうですねー

 

そんなこんだで、ついこの間まで、暖冬だー、スキー場がー、雪が降って景色が真っ白になり、溶けて地面が見え、また降ってと、今年は雪おそいなー、冬に向かっているなぁーという気分やったのですが、、、

 

ここ数日は連日マイナス気温、どか雪、溶けぬ雪、降り続く雪、そう、これ、「根雪」と呼びます・・・ 本気の冬にとっくに突入をしていました北海道。

 

 



Sponsored Link

 

北海道の必需品、スノーブーツ

 

北海道の冬といえば雪、となると必要になるのは冬靴、そうスノーブーツ。 去年の3月に長年使用していたものが底から浸水するようになってしまい、買い替えが必要になってしまっていました。

 

雪の少ない洞爺といえども、ひとたび雪が降ればもっさりと積もりますので、冬にスニーカーなんてはいてたら、雪まみれ、くるぶしから雪入ってしまうし、あったかい室内に入ったら濡れるし、なのでスノーブーツ愛用しています。

 

そういえばと思い返してみると、去年まで履いていたやつは、かなり物持ちがよかったなぁと、調べてみました。 昔の写真を見る限り2010年には履いているので、ざっと8年・・・

 

頑丈です。  8年前に札幌の秀岳荘で購入したSOREL(ソレル)のブーツ。 シロクマのロゴでお馴染、カナダ発のウインターブーツの老舗です。

 

 

長年愛用してきたのが、こちら↓ソレルのパックナイロン

 

 

今まではGreenでしたが廃盤?になったそうで、今回はNutmeg。(ナツメグ色ってなんやろ?) 普段の靴サイズは26.5cmですが、冬場は厚手の靴下をはくので27.0cmをチョイス。 ピッタリでした。 履き込めばインナーも少し広がりちょうどよいかと。

 

ちなみに↓の一番ごっついのが定番のカリブー ↑のパックナイロンはカリブーの廉価版かな。 妻はカリブー履いてます。 女性は足先から冷えるので、分厚いカリブー手放せないそうです。

 

 

私もね、カリブーさらに頑丈そうやし、ぬくそうやし、少し検討しましたが、8年越しにまたもパックナイロン買いました。 靴底が薄い分、軽いし取り回しやすく、運転もしやすいんですよねー (964gに対して680g)

 

うーん。変わらず調子よいです。

 



Sponsored Link

 

最後に・・・

北海道に移住したての頃、長靴は必須と聞いて、ホームセンターで普通のゴム長買いました。 1,000円くらいの。 まず長靴を買うってのに馴染みがない。 スノーブーツの存在も知らなかったし。 長靴に1万? そんな感じ。

 

しばらく疑いなくゴム長履いてたけど、ダサいし、なにより足寒いんよね。 1~2シーズンでダメになったっけ。 その後、ソレル買ったけど、長く定番として君臨している会社の製品には、やはり相応の意味があります。

 

たかがスノーブーツですが、12月から3月までの4ヶ月。 1年の三分の一が雪にもっさりと覆われる北国です、しっかりと足元を固め、いいものを長く、大事です。

 

さて、始まったばかりの楽しい冬。 新しいSorelのスノーブーツと共に楽しみたいですね~



Sponsored Link

New Posts
LIFE / 2019.02.04
北海道・洞爺湖暮らし ニシン漬けを作った話
FUN / 2019.01.29
「ゴロゴロゴロ 冬のトーヤの小さな宿で」イベント後記
LIFE / 2018.12.30
北海道・洞爺湖 雪国の暮らし 除雪のこと