伊達市・黄金漁港+周辺ポイントへ鮭釣りプチ遠征(2020年総括)

FUN / 2020.11.10

こんにちは。

 

今回のblogは、2020年の鮭釣りについて。 表題の通り、いつも最寄りの釣り場で鮭釣りをしていたのですが、少し離れた伊達市のポイントへ初めてプチ遠征に。

 

というのも、8月下旬より2020年の鮭釣りを始めましたが、いつも行く最寄りの「豊浦フィッシャリーナ」はどうも渋い。 どうも水温が高く鮭が戻ってきていない様子↓

 

豊浦フィッシャリーナで鮭釣り(2020年総括)

 

そこでわたくし考えました。 過去2年通い、それなりに感じもわかり居心地のよい「豊浦フィッシャリーナ」ですが、心地よく釣れないより、厳しくとも釣れるほうがイイ!

 

アウェーに乗り込んでこその鮭釣リスト。 激戦区と聞く、洞爺湖町からお隣のお隣、伊達市のポイントへプチ遠征を試みるべく決意をしました。 今回のblogはそんなプチ遠征の様子をまとめてみました。

 

 

鮭釣りプチ遠征先を決める

 

さて鮭釣りでは初のプチ遠征。 いつもは洞爺湖町のお隣にある豊浦へ車で20分ほど。 少し足を延ばしてとなると逆隣にあたる「伊達市」がいいんとちゃうかなぁと下調べを。

 

事前に下調べをすると一言で伊達市の鮭釣りといっても、豊浦と違いかなりのポイントがある模様。 豊浦ではいつも釣りデッキからの鮭釣りだったので、砂浜(サーフ)や磯ではなく、やっぱり漁港がいいかなぁ?とポイントを絞っていきました。

 

そんな中で候補にあがった漁港は2つ、伊達市中心部に近く、長流川と気門別川に挟まれる「伊達漁港」 そしてもう1つは伊達市から室蘭市方面に少し走ったところにある、牛舎川と北黄金川に挟まれる「黄金漁港」

 

そこで思い出したのが、過去2年、豊浦で鮭釣りをしてきた中で、何度も聞いた「黄金(こがね)」というワード。 「こがねは上がってる」「こがねは混んでる」「こがねは人多くて入れない」などなど笑

 

そんなビビりワード満載な「黄金(こがね)」 けど、やっぱ釣れるからそのワードが出るんよね!? ということで「黄金漁港」をプチ遠征先としてチョイスすることとなります。

 

そんな伊達市にある「黄金漁港」は、洞爺湖町のお隣のお隣「伊達市」 チャシバクINNより車で約45分の距離にあります。

 

 

これは後から気づいた話で、恐らく猛者らが言っていた「黄金(こがね)」というワードは、今回チョイスした「黄金漁港」 さらに室蘭寄りである、河口付近のサーフから釣る「気仙川」「チマイベツ川」など、伊達市の北黄金町と南黄金町にあるポイント数か所をあわせた総称ということ。

 

そんな伊達市と室蘭市のちょうど間に位置する「黄金(こがね)」には河川が多く、人口の多い両市から人が集まるからこそ、有名ポイントであり激戦ポイントなのでしょう。



Sponsored Link

 

9月~鮭釣りの記録

 

そんなこんだで9月中旬、プチ遠征をし、「黄金漁港」での鮭釣りデビューを果たしてきました。 そんなデビュー戦の結果は、周りがフィーバーの中、悔しいボウズ。

 

けど実はこの日、あんだけスッカスカだった豊浦から+25分でこんな違う!?!? と内心ドキドキ。 気持ちは上がっていました笑

 

その後、実際に竿は出しませんでしたが、黄金漁港内の別の堤防や、少し離れた激戦ポイントである「気仙川」「チマイベツ川」の釣り場の様子、駐車場事情なんかをリサーチ。

 

 

 

そして、日を改めた翌日にミラクルが。 なんと一投目でのヒット! いつも一投目は緊張しながら、軽く「えいやっ」と投げるんですが、その一投目でなんと過去2年釣れなかったメス!!!

 

さらに30分後にメスダブル!! これは膝ガクガク、アドレナリン放出すごかった笑

 

 

ヒットルアーは「コータック(coatac) コンデックス キングJR 45g MBD」でした~

 

 

銀ピカ◎ 2本捌くのはさすがに疲れた。 例のごとくYouTubeを見ながら笑

 

 

そんなダブルヒットに気をよくした翌週も、幸運なことに釣果あり。 1ヒット1バラシ。 1バラしは悔しかったですが、またもやメスをゲット◎

 

 

うれしい、うれしい、宝石入り。 みんな目の色変えて竿を振り、オスか~~↓↓↓↓、メス!!!!! とテンションの差が違いすぎるのもわかる。

 

 

ほんとの鮭親子丼 やるよね◎

 

 

そして翌週、9月も最終週。 連続ヒットに気をよくしていたら↑前回ラストに引き続きバラし。 これドラグ閉めっぱなしで、たぶんオスの引き。 そりゃ切れるよね。 もったいなかったなぁ…

 

 

連続バラしを経験し嫌な予感がするも、黄金フィーバーは途切れなかった~ そんな9月ラストの翌日、周りはかなりのフィーバーで盛り上がるも自分にはしばらくアタリが来ず。

 

最終的にダメ元で投げていた内港側で釣り上げるというミラクルが。 黄金漁港の内港は跳ねはするけど喰わないと聞いていたのでビックリ。 外港に投げていた猛者らもビックリしてたなぁ笑

 

ヒットルアーは同じく「コータック(coatac) コンデックス キングJR 45g MBD」でした~ 今期はこのルアーが大当たり(すでに彼方に飛んでって手元にないけどw)

 



Sponsored Link

 

10月~鮭釣りの記録

 

さてテンション、釣果ともに上げ上げだった9月も終わり、寒くなってくる10月。 振り返ると、全体でなん十本とフィーバーする日は少なかったですね。

 

それでも朝まずめのゴールデンタイムには数本上がるのが、黄金の底力? 渋りが見え始めても通っていました。

 

 

渋い中で鮭釣り経験値を上げるために、漁港横のサーフから投げてみたり、河口横を陣取ってみたりと色々と挑戦を。

 

 

日の出が遅くなってくると比例して、寒く、渋く。 それでも数本は上がってくる黄金。 だけど自分のにはかからないのは技術なのか? セッティングなのか? 餌なのか? 運なのか? ほんっとなんなんでしょうね???

 

 

 

渋いながらも数本は上がる、しかし自分には当たらない。 やさぐれていても仕方がないので、気分を変えて、釣り経験値を上げるために、伊達市中心部にある「伊達漁港」へ。

 

こちらも大きな2本の川に挟まれているとあって、よいポイントのようです。 内港にも入り込むようで、大先輩のおじいさん方が車をつけてウキフカセでのんびりと待っている風景はなんかよかったです。

 

ウキルアーは朝まずめ勝負やけど、ウキフカセは日中で勝負になる? 投げ続けなくていいので年を取っても鮭釣り楽しめると、かなりウキフカセ気になってきました。 釣果は上がらずでしたが、来期のヒントに◎

 

 

そんなこんだで、9月中旬から10月中旬にかけて、伊達市の各所にプチ遠征。 徐々に渋い感じになってきたので、いよいよ豊浦か!?とこの日を最後にプチ遠征は終了。

 

↓10月下旬の鮭釣りは、最寄りの「豊浦フィッシャリーナ」へ。

 

豊浦フィッシャリーナで鮭釣り(2020年総括)

 

 

最後に・・・

 

今期2020年初めての「伊達市」へのプチ遠征でしたが、9月の黄金漁港は過去の釣果と比べると、かなり相性よかったですね。

 

2018年 2本/11回(オス2・メス0) 豊浦 ※10月~12月
2019年 1本/14回(オス1・メス0) 豊浦 ※08月~12月
2020年 0本/08回(オス0・メス0) 豊浦 ※08月~10月
2020年 4本/08回(オス1・メス3) 伊達 ※09月~10月
2020年 0本/01回(オス0・メス0) 長万部 ※11月~

 

やっぱり釣れている場所で、釣れている日に行くってのが大事なのかな? でもバラしも数本あったし、周りが釣れている中、釣れなかった日もあるので、まだまだ鮭釣りは奥が深いですねぇ。

 

最後に、お初な「黄金漁港」で、偶然にもなぜか何度も隣同士になった猛者ら、タモ入れしてくださった猛者ら、皆さまお世話になりましたー また来年9月どうぞよろしくお願いしますーーー

 

おしまい



Sponsored Link

New Posts
FUN / 2020.11.13
長万部川河口導流堤へ鮭釣り遠征(2020年11月編)
FUN / 2020.11.10
伊達市・黄金漁港+周辺ポイントへ鮭釣りプチ遠征(2020年総括)
FUN / 2020.11.09
豊浦フィッシャリーナで鮭釣り(2020年総括)