「ゴロゴロゴロ 冬のトーヤの小さな宿で」イベント後記

FUN / 2019.01.29

こんばんは。

 

チャシバク初のイベントを1/18~20に開催をしてから、はやいものですっかりと日にちが経ちました。

 

初めての試みとなる、宿の客室を開放してのイベントでしたが、蓋を開けてみるといつもドーナツを買いに来てくれるお客様や、近隣の友人ら、たくさんの方々に来ていただけました。

 

どうなるか?と心配をしていましたが、たくさんの方々が宿内で楽しまれている姿を見れ、ホっとしており、私たち自身もとっても楽しめ、未だなお余韻にひったっています。

 

今夜は、そんな楽しかったゴロゴロゴロの、イベント後記を書きました。 どうぞ~



Sponsored Link

「ゴロゴロゴロ 冬のトーヤの小さな宿で」を振り返る

イベント案内の際にも書きましたが、香川県で活躍する画家のイワサトミキちゃんを誘ったのが始まり。

 

→過去記事 「 1月18日(金)~20日(日) イベント@チャシバクINNのご案内」より

妻の祖父母が香川県の瀬戸内海に浮かぶ島で暮らしていて、昨年春に香川へ訪れた際に香川を拠点としているイワサトミキちゃんに冬は宿を閉めるからモニター的に泊まりに来ない?と誘ったのが始まり。

あれよあれよとイメージがふくらみ(妻のね)洞爺で出会ったカージーくん、そして春に洞爺へ移住をしチャシバクのホームページやショップカードをデザインしてくれたdrop aroundに声をかけ、冬眠中の宿を近隣の方、まだ見ぬ方々に見てもらいたい、素敵な仕事をする友人をまだ見知らぬ方々に知ってもらいたいという想いにより、イベントが形になっていきました。素敵なフライヤーはイワサトミキちゃんにお願いをしました。

 

 

チャシバク+3組で打ち合わせをする中で、宿の客室でやるイベントなので、宿や旅をテーマにしたいねーと各自の出し物は割とすんなり決定。

 

「冬のトーヤの小さな宿で」というサブタイトルは早めに決まり、時間がかかったのはこの不思議なイベントタイトル「ゴロゴロゴロ」

 

なかなか、いいアイデアが降りてこない中で、なんとうちの息子が「ゴロゴロ祭りー」みたいなことを口走り、宿でゴロゴロかぁー、いいねー、3組来るからゴロゴロゴロなーんて、勢いwww

 

息子は雷のゴロゴロ的なニュアンスで言ってた気もしたけど、ゴロゴロとのんびりとした冬の洞爺にぴったりのイメージやんって、みんな気に入り、イベントタイトルとしました。

 

トリプルルームとdrop around

1組目の出店は、我らがdrop aroundのおふたり。 おふたりはご夫婦でのデザイナーユニット。 息子と同い年の娘さんと3人で、昨年の春に札幌から洞爺へ移住されてきました。

 

昨年6月チャシバクINNのオープンに合わせ、ホームページとショップカードのデザインもお二人にお願いし、さらにドーナツミックスやオリジナルタオルの作成なんかもお手伝いいただいています。 そんな公私にわたりお世話になりまくりのdropのおふたりと、2019年初のイベントをホーム洞爺でご一緒できてうれしい限りです。

 

 

そんな春からお世話になりっぱなしのおふたりには、湖に面したチャシバクINNで一番広い客室トリプルルームに入っていただきました。 ご覧の通り、トリプルルームのローベッド2台を撤去し、お隣ツインルームのベッドの片割れを什器として使用。 バスルームを試着室として使用していただきました。

 

 

春からチャシバクはデザイン関係でたいそう世話になったんですが、そういったデザインの仕事以外にも、ステキな付箋や、チャシバクでも使用している領収書を始めとしたオリジナルの紙製品も作られていて、どれもシンプルでカッコイイんです。

 

→こちらで見れます買えます。 WORK TOOL – drop around – つくるはたらく オンラインストア

 

 

そして、なんと、嬉しいことに、今回は宿&旅にまつわる商品を新たにシツラエテて持ってきてくれました。 奥のベッドにあるのが「枕カバー」と「湯たんぽカバー」 、そして手前の台には「グリッドケース(ポーチ)」と「アイマスク」そして定番の「ワークウェア」も。

 

→「ワークウェア」はこちらで見れます買えます。WORK WEAR- drop around – つくるはたらく オンラインストア

 

 

View this post on Instagram

 

drop around / M&W Rie Aoyamaさん(@droparound_mw)がシェアした投稿

 

 

View this post on Instagram

 

drop around / M&W Rie Aoyamaさん(@droparound_mw)がシェアした投稿

 

 

View this post on Instagram

 

drop around / M&W Rie Aoyamaさん(@droparound_mw)がシェアした投稿

 

インスタに綴られた、旅を愛するdrop around りえさんのコダワリ。 ↑必読でございます。。。

 

デザイナー業に、紙製品、衣類といったオリジナルプロダクト、、、と多岐にわたる活躍をされている二人。 今はまだ(ここ強調)洞爺に店舗はありませんが、せっかく洞爺にそんなゴイスーな二人が移住してきてくれたのに、その作品や2人に触れる機会がないやないか!と春からさんざんお世話になったにも関わらず、さらに厚もかましく、チャシバク初のイベントへの出店依頼させてもらいました。

 

イベント中はバタバタと、宿屋の支配人としてほとんど2Fに上がれない中、まるで自分の宿のように客室の説明をしてくれ、さらにはお客様の感想をフィードバックまで。 感謝しかないぜ。。。 またも世話になってしまいましたが、初イベントdropと一緒でほんとに心強かったー ありがとー

 

シングルルームとka-ji-くん

2組目の出店は大阪から来てくれた我らがka-ji-くん。 緑の壁の客室シングルルームに入ってくれました。 いつ見ても可愛いステキな作品がたくさん並びました。

 

 

我が家も愛用しているカトラリー(チャシバクドーナツ店内で継続販売中!) そして、うちの息子もお年玉で購入させてもらったキャンドルホルダー。

 

 

そしてイヤリングやピアス。 うちの妻もリピート購入済み。

 

 

自身の作品だけではなく、宿全体の装飾なども設営から一手に引き受けてくれ、作業場に転がっていた木っ端で即席にイーゼルを作ってくれ(私は指示の通り木材カットとビス打ちを担当w)、ささっと合板にペンキを塗り看板も作成してくれました。 イベント前日に。 腰の重いノーセンスな私はもう勉強になることばかり。 頼もしぃー

 

 

 

さらに中日には、客室から飛び出し外に作り上げたカマクラにキャンドルを灯してくれました。 ka-ji-くんの作品は、キャンドルホルダーやライトカバーなど、暗くなってから光と共に際立つものも多かったことから、急きょ中日は18時までの延長営業を決めました。

 

 

↓我が家にお迎えした、ロウソクに形どられたライトホルダー。 漏れる光が壁や天井にうつって幻想的です。

 

 

↓コナラの枯れ葉を使って、即席で作られたリース。 ステキ!

 

 

客室をのぞきに行くたびに、装飾が変わっており、遊び心を常に忘れず、宿屋でのイベントを作り込んでくれました。 ありがとう。

 

ツインルームとイワサトミキちゃん

3組目の出店は、香川から来てくれた我らがイワサトミキちゃん。 湖に面した大きな窓のあるツインルームに入ってくれました。

 

 

こちらでカワイイ楽しい人形みくじ。 白鳥、猫、バク、そして土偶w 土偶は息子の冬休みの宿題で縄文時代のこと調べてたところから、作りたい!ってなって。

 

 

全て洞爺湖入りしてからの手作り↓。 ススメ!土偶くん(着色前) このフォルム、ジワります。。。

 

 

そして、もう一つは、旅の思い出にぴったりの「イワサト描写店・・・小さな紙に小さくご希望の絵を描きます。 似顔絵でもペットでもバクでも何でもOK!」

 

何人かのお客様の似顔絵を見せてもらいましたが、まあ短時間で特徴をとらえて、この小さい紙に・・・

 

我が家もスリーショット描いてもらいましたー!! 左のは2年前に描いてもらった息子。 3匹のバクと一緒に飾り、とっても、とってもよい思い出となりました。

 

 

とっても楽しかった似顔絵とおみくじ以外にも、ドーナツ店内の窓に消せるクレヨンなるものでイラストを描いてくれたり

 

 

↓イベントは終わりましたが、まだかわいくって消せずに残しています。

 

 

イベント中の案内看板も手書き。 This is イワサトミキフォント!!! ズバッと視覚を通り越して脳内に入ってくる力強さ。

 

 

そんな天才的な3組に恐れ多くも一同に集まってもらい、作り込まれた宿内でのイベントは、主催側の僕らにとっても、とても思いでぶかく、素敵なものとなりました。

 

NEWルームは休憩フリースペースに

さて最後に少しウチのことを。。。

 

 

写真は、全国1億うん千万人のチャシバクフリークの皆様ならお気づきかと思いますが、ホムペにも載せている既存の客室(シングル、ツイン、トリプルルーム)のいずれとも違います。

 

こちらは新しい4室目の客室。12月初旬より畳を剥がし、壁紙を剥がし、例のごとく壁塗り、床張りを経て、なんとかイベント3日前に床を張り、ワトコオイルを塗り終わった出来立てホヤホヤのお部屋だったんです。

 

とは言っても右側の壁は妻のインスピレーションがまだ降りて来ず色を塗ってなかったり、4名定員の客室にすべく二段ベッドを作らないといけなかったりと、まだまだ未完成なんですが・・・

 

今回のイベントにいらっしゃったお客様のために、フリースペース、イートインスペースとして開放する事としました。 出店の方々だけではなく、お客様にもチャシバクINNに滞在している雰囲気を感じてほしかったしね。。。

 

1Fのチャシバクドーナツでは、焼きドーナツとドリンクの他にお汁粉をイベント限定でご提供。 普段はテイクアウトの多いお店ですが、そちらを文字通りゴロゴロゴロとしながら、フリースペースでゆっくりとお召し上がりいただきました。

 

また、もくろみ通り小さいお子さんがベッドやフリースペースでゴロゴロと遊んでくれたようで、宿屋でのイベントらしい光景をたくさん見る事が出来ました。

 

 

View this post on Instagram

 

k i n üさん(@___okinu)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

k i n üさん(@___okinu)がシェアした投稿

 

↑いつもとっても癒される、ふうちゃん。 @___okinuさんのインスタ より画像をお借りしました。 ありがとうございますー



Sponsored Link

最後に・・・

初めてのイベント開催ということで、不慣れな中、たくさんの方々のご協力いただき、なんとか無事にイベントを終えることが出来ました。

 

出店いただいた3組、フライヤー設置いただいた店舗様、SNSや口コミで拡散いただいた方々、ご来店いただいた皆様、タイミングあわずご来店いただけなくとも気にかけていただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。

 

冬のイベントは天候次第ということもあり、とっても怖いですが、食べて飲んで見て話ししてゴロゴロゴロと、寒い冬の北海道、暖かい宿内でゆっくり出来るイベントは、これに懲りずにまた何かどこかのタイミングでやりたいなぁと思える楽しい楽しい3日間でした。

 

今後ともドーナツ店併設の宿チャシバクINNと、泊まれるドーナツ店チャシバクドーナツをどうぞよろしくお願い致しますー!!!

 

・・・

 

余談ですが、無事に終わったイベント終了時、人形みくじの白鳥が2つ残っていたので、妻と私でひいてみたところ、私はなんと凶。ドンマイw

 

 

さらに驚いたことに、2枚あるうちのもう1枚の凶は、近所の友人が引き当てていましたー笑

 

遠方よりいらっしゃったお客様はみんな吉以上。 なんてハッピーなイベントなんだと自画自賛。 話のネタとしては、とってもオイシイ、オチがついた今までで1番嬉しい凶みくじとなりました。

 

おわり。 お付き合いありがとうございましたー

 

 



Sponsored Link

New Posts
SPOT / 2019.06.17
北海道・洞爺湖 チャシバクINNから北方面へ 車で1時間圏内のおすすめスポット【留寿都村・真狩村・喜茂別町・京極町・ニセコ町・倶知安町・蘭越町】
NEWS / 2019.06.06
チャシバクINN 2019年9月~12月 宿泊予約・受付開始のご案内
NEWS / 2019.06.01
チャシバクINN 4室目の新しい客室「ツインルーム 2」のご紹介